グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




2017年入社


このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年入社。弊社での現場研修の様子をご報告いたします。

2018年4月

一年研修終了&配属決定!

一年間の研修が終了しました。慣れない畑作業で苦労したこともありましたが、今ではマルチ張り、定植、育苗、収穫など全ての作業を任せています。本人の希望もあり、このまま栽培部への配属が決定。リーダーとして4月から新入社員と研修生の指導も行ってもらいます。これからもお客様へ高品質な青ネギをご提供できるよう、一緒に頑張ります。宜しくお願いいたします!

2017年12月

土が硬い畑では・・・

本社(農芸環理)横の圃場でマルチ張りの研修です。こちらの圃場は他と比べて土が硬いため、慣れるまで少し大変です。リーダーのアドバイスを何度も何度も聞きながら、ゆっくり丁寧に作業を行いました。機械の設定から耕起、マルチ張り。畑によって特徴があります。分からないことや心配なことがあるときは、みんなで確認しながら作業を行います。

2017年11月

苗管理・試験圃場生育確認

収穫が終わった後、リーダーと一緒に苗ハウスで研修を行いました。丈夫で品質の良い青ネギを栽培するために、苗作りはとても重要です。そのため、水やりを行う時間と、量には特に気を付けて管理を行います。上から優しく、全体にしっかり水をかけること!

作業後には、苗棚の隣にある、試験圃場の生育確認も行いました。自分でマルチを張り、定植した圃場です。順調に育っています。

2017年10月

肥料散布

精密土壌分析の診断結果に基づき、土づくりを行いました。一日で全ての肥料を撒き終えること、次の日にすぐトラクターが走れるよう準備をすること。と、リーダーから指示がありました。こちらの作業は数回行っている為、効率よく進めることが出来ていました。途中、社長と部長も来て、作業の様子を見ていましたね!ちょっと緊張している様でしたが、一人で任されたことを時間内に確実に出来ていました。お疲れ様でした!

2017年9月

マルチ張り

前回に引き続き、マルチ張りの研修です。本日は、リーダーが生産者様へ収穫指導のため不在!機械の設置準備から全てを任されました。入社して約5ヶ月。リーダーと同じように…とはいきませんが、「今日はここまでマルチを張ります。定植が早いので、どんどん進めていきます。」と、自分なりに作業目標を決めて、その目標まで時間内に確実に仕事ができました。お疲れ様。と声を掛けると、「だいぶ慣れてきました!」と、やり切った良い表情をしてくれました。弊社では、収穫までの作業スケジュールが細かく決められています。そのスケジュールを確実にこなす、または予定より早く終わらせるためには、今回の様に、一日や作業ごと目標を細かく決めることが大切だと伝えています。夕方、作業確認に来た常務からも「かなり進んだな!」と声を掛けられ、とても嬉しそうでした!その他圃場でも、トラクター整備とマルチ張りがあるので、今回より次回の方が更に綺麗に確実に、少しでも早くなるよう工夫してみましょう。日々の成長が私たちも嬉しく、楽しいです!

2017年8月

マルチ張り

マルチ張りの研修です。先日の研修では、リーダーのお手本と、真っ直ぐ張れるよう目印を付けましたが、今回はお手本も目印もなしでやってみます!まずはリーダーと、水が流れる位置の確認と、どこからどこまで何本張るのか決めていきます。弊社では、売り上げ目標に合わせ、栽培面積、畝幅が決まっています。そのため、何本張るのかはとても重要になります。その後、マルチを張るための機械をトラクターに設置。いよいよスタートです。リーダーも声をかけながら一緒に作業をします。一本張り終えたところで、「もう大丈夫!完璧!」ということで、その後は一人で作業を行いました。求められていることを理解し、自分ができる事、自分が持っている力をしっかりと発揮できたと思います。暑い中お疲れ様でした!

2017年7月

トラクター整備・マルチ張り

トラクター整備、マルチ張りの研修が始まりました。弊社では、畝幅、長さ、通路幅に決まりがあること、圃場によって耕し方や、トラクターの設定を変えている事等、栽培部リーダーより説明がありました。先ずはリーダーのお手本と、真っ直ぐマルチを張れるよう、目印をつけました。少し走って止まって確認を繰り返します。リーダーと先輩が側についてアドバイスしながら行いました。慣れない作業でしたが、時間内に決められた場所まで張ることができましたし、何より作業が丁寧でした!新しい圃場も3カ所ありますので、今度はリーダーのお手本と、目印なしでやってみましょう!

定植

本日は、青ネギを植える「定植」の研修です。まず最初に、機械の使い方と仕組みを教わります。苗が真っ直ぐ植わるよう、畝に合わせて微調整を行うのですが、説明するより実際に動かしてみよう!とのことで、先輩が付き添いながら作業を行いました。写真の様に、グルグル回る白いカップに苗を入れていきます。そこから苗が下に落ちて、機械でマルチに穴をあけながら植えていきます。暑い中、丁寧に作業することができました。作業終了後、少し時間が空いたので、トラクターにも乗ってみました。色々な仕事を経験することも大切です。お疲れ様でした!

2017年6月

マルチ張り

本日の研修はマルチ張りです。機械の説明を聞き、先輩の補助として作業を行いました。畝の量端については手でマルチを被せていきます。弊社では畝幅に決まりがあるため、しっかりと合わせることが大切です。研修が始まり数ヶ月ですが、手つきも慣れてきたようです!

定植

青ネギの苗を植える「定植」の研修です。弊社では機械を使用して定植していきます。まずは先輩のお手本を見ながら、どのように植えられているのか、機械の仕組みと操作方法を教わりました。聞いたら即実践です。「とりあえずやってみよう!側で見ているから安心して!」と先輩たちが側について指導しました。畝に合わせて機械を微調整しながら、苗を一株ずつ白いカップに入れていきます。その後は機械が植えてくれます。初めはゆっくり、確実に。これが大切です。慣れてきたら少しずつペースアップしていきましょう!

2017年5月

苗管理

本日は苗ハウスでの研修です。これから夏に向けてハウス内の温度が上がっていきます。生長しやすい環境にするため、苗棚の高さ調整と苗の移動を行いました。風通しと日の当たり方を考え、シーズンごと変えていきます。機械の使い方から一つ一つ丁寧に教わりました。

収穫

午前中に青ネギの収穫を行いました。根元で刈る、マルチを破かないよう気を付ける、葉を折らないこと等、いくつか注意点があります。出荷数量に合わせたコンテナ数を毎日収穫し、トラックに積み込み、先日研修を行った選果工場まで運んでいます。トラックへの積み込みと、コンテナの向き。ちょっとしたことですが、次の作業を行いやすくするためや、次に作業を行う人がやりやすいよう、「次の作業」もしっかりと考えながら仕事をします。現場作業だけではなく、仕事全部に繋がってきますので、先輩の動きや指導をしっかりと聞いて、徐々に慣れていきましょう!

2017年4月

試験圃場 清掃

次の作業がスタートする空いた時間に、試験圃場の清掃を行うよう指示がありました。本日はハウスでの作業のため、通路と試験圃場の雑草取りを行いました。時間が空いたとき、ただ待っているだけではなく何をすればいいのか。一つ勉強になりましたね!

播種・苗作り

苗作りの研修が始まりました。本日は先輩と一緒に播種を行います。使用する資材や道具の名称。作業のやり方を一つ一つ教わります。まず、セルトレイ(黒い穴が開いたもの)に土を入れ、種が入りやすいよう穴をあけます。その後、小さな苗を機械を使用して撒いていきいます。土をかぶせて苗棚に並べていきますが、この時、育苗箱(長方形の黒いプラスチックの器)を使用することで運びやすくします。作業の合間に休憩をとりながら、本日はこの作業を数百枚行いました!!どのようにしたら効率よく仕事ができるのか、先輩の動きをよく見ながら研修を行うことができました!お疲れ様です。

青ネギ出荷選別

本社農芸環理㈱での研修を終え、いよいよ弊社での現場研修が始まりました!研修期間は約一年間。現場作業を中心に行います。今日から宜しくお願いします!
さて、研修初日は、自社で生産している青ネギの出荷選別作業です。朝礼では、その日の出荷数と注意事項などの説明があります。2人には、機械の先頭でネギを流す作業と、箱詰め前のチェックをお願いしました。ラインでの作業の為、先頭は流すのを早すぎたり遅すぎないよう気を付ける事。箱詰めについては、太さと葉先が茶色くなっていないかよく見る事との話がありました。お客様のところへ行くまでに、どのような作業をしているのか、しっかりと勉強ができました。お疲れ様です!