グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  会社概要 >  採用情報 >  未経験から始める!農業日記

未経験から始める!農業日記


このエントリーをはてなブックマークに追加
新入社員、新規就農独立研修など、弊社で行っている農業研修の様子をお伝えいたします。
2017年の現場研修はこちら

2018年7月

青ネギ選果・出荷 (新入社員研修)

青ネギ選果・出荷の研修です。栽培部が収穫してきた青ネギは、専用の機械に通して外葉を剥きます。外葉が取れた青ネギは、順番にコンベアへ流れてきますので、出荷規格の太さ・葉先のチェックを行います。10㎏1箱、段ボールに詰めて出荷となりますが、重さの確認と、最後に葉先のチェックをもう一度。「お客様の手間をできるだけ減らす」というのも大切です。出荷先ごとの出荷準備も、写真の様に行いました。

追肥(新入社員、新規就農独立研修)

追肥の研修です。前回は先輩と一緒に行いましたが、肥料準備から量の確認、片付けまで全て新入社員が担当。入社して3カ月ですが、リーダーのOKが出れば、どんどん担当できます!また、本日は新規就農独立研修も行いました。

2018年6月

追肥(新入社員・静岡県教諭民間企業研修・学生インターン・新規就農独立研修生

収穫後の追肥を行いました。農芸環理の精密土壌診断による施肥設計のため、肥料を入れる位置や量が研修生にもわかりやすく決められております。研修という事もあり、写真の様に手作業ですが、数人のグループで行うため、数時間で終わります。また、本日はインターンシップで来ていた学生の最終日。おやさいの現場実習と、農芸環理のコンサルティングを体験してもらいました。とても明るく、一生懸命で勉強熱心。あっという間の2ヶ月でした!そして、来年4月に入社してくれるという事で、私たちもとても嬉しく思います。残り少ない学生生活。友達といっぱい遊んで楽しんでください!そして、来年4月からは、新しいメンバーと一緒に、新しい農業を創っていきましょう!

社長研修(新入社員・学生インターン・静岡県教諭民間企業研修)

農芸環理が行っている精密土壌診断について勉強しました。土の取り方、診断結果の見方と項目ごとの計算方法。そこから問題点を見つけ、改善方法を全員で考えました。

弊社では、農業に大切なことを、一年かけてゆっくり学びます。畑での現場研修はもちろん、今回の様に農業界で活躍するために必要な知識を、社長が直接指導していきます。

2018年5月

品評会出品茶、手摘み研修
(新入社員・静岡県教諭民間企業研修・学生インターン研修) 

農芸環理コンサル先、静岡県天竜区春野町、栗崎園様のお茶畑で研修を行いました。品評会出品茶の手摘みがあり、春野茶振興協議会の皆様、地元の皆様と一緒に参加させていただきました。(昨年、普通煎茶10キロの部で農林水産大臣賞を受賞されております。)品評会出品茶ということで、一芽一芽の大きさはもちろん、注意事項がいくつかあります。腕にカードを付け、確認しながら行いました。また、栗崎様や春野茶振興協議会の皆様より、どのような想いでお茶を育てているのか、お話を聞くこともでき、大変貴重な経験となりました。まだ先ですが、1年後には各部門への配属が決まります。どの部門でも一番大切なのは現場=農家さんの声です。このことを忘れずに仕事をしていきましょう。

2018年4月

播種・苗管理(新入社員・静岡県教諭民間企業・新規就農独立研修)

本日は、播種と苗管理の2グループに分かれ研修を行いました。

【苗管理】弊社独自の方法で管理しております。セルトレイ1枚1枚、虫や病気が出ていないか確認していきます。

【播種】播種機を使用し、決められた数量をセルトレイに入れていきます。初めての作業の為、菅沼リーダーと一緒に行いました。

現場研修が始まり数週間が経ちました。焦らなくていいので、ゆっくり確実に作業していきましょう!

新入社員研修スタート

3日間の本社(農芸環理)研修が終わり、本日より現場(おやさい)での研修が始まりました!今年は就農、独立起業を目指す研修生も数名おり、2グループに分かれて行います。

農芸環理、おやさい、各部門での研修を1年かけて行い、その後配属先が決定します。
入社してまだ数日。緊張もあると思いますが、わからない事は何でも聞いてくださいね!本日は圃場清掃と青ネギ選果研修を行いました。